古家はぐくむ〜自宅改修記〜

大工と設計士の夫婦が築60年・自宅古民家を改修をしていきます。

自分たちのこと

 

 

古民家である自宅を改修して住まおう、というのは最近よくある話かもしれません。

(うちの場合、古民家とも呼べない、古い家ですが、、、)

 

こちらのブログでは、大工と設計士という、その道の専門家とも言える我々が、

自力でどんな風に改修していくのか、

それこそ亀の歩みですが、笑

地道に記していこうと思います。

 

きっかけなどは下記の自宅改修工事の最初の記事に書いています。

 

kominka-myhome-renovation.hatenablog.jp

 

 

というわけで、まずは自分たちの紹介をしていこうと思います。

 

まずは大工の夫、ゆーさん。

 

f:id:nurmin:20191128151247j:plain

大工の夫です

ものつくり大学を出たあと、大工の親方のもとで6年間修行をしました。

 

その間に、全建総連主催の全国青年技能競技大会で金メダルを受賞しました。

(第32回大会@徳島)

 

全建総連のホームページはこちら Zenkensoren » 全建総連全国青年技能競技大会

 

一級大工技能士の資格も持っています。

 

現在は前職を辞め、神奈川県相模原市の実家に戻って仕事をしています。

建設関係の親戚が多く、祖父と叔父の跡を継ぐつもりです。

 

手を動かすのが好きで、甥っ子のためにベビーベッドを作ってみたり、

床板の端材でiPhoneケースを自作したりしています。

 

 

そして、主に記事を書いている設計士の妻、たきです。

 

f:id:nurmin:20191128150604j:plain

設計士の妻です

芝浦工業大学出身で、そこで古民家について調べまくり、

土台や礎石(石場建て)についてのニッチな論文を書きました。

それから埼玉県越谷市設計事務所工務店であるけやき建築設計に入ります。

 

keyaki-sekkei.com

 

途中で施工会社も立ち上がりました。

keyakigumi.co.jp

 

想像を超えて、設計から現場監督、お客様との打ち合わせから見積作成まで、

いろいろな仕事を6年間経験しました。

 

第2種電気工事士の資格を持っているので、今回の自宅改修工事では

自分でできるところは配線しています。

 

基本的には木造住宅を得意としていますが、

古民家再生や店舗設計・施工もやっており、代表的なものは「はかり屋」さんです。

 

hakari-ya.jp

 

この物件は前職最後の大きな仕事で、

大工工事は、夫のいる工務店にお願いしておりました。

 

実は前職の仕事が縁で知り合った我々、結婚式もここで開催させていただきました。

 

f:id:nurmin:20191128161139j:plain

結婚式の様子 古民家で和装で。

 

自分の手を動かして何かを作るのが好きな二人なので、

自分たちの家もなんとか直していこうという心づもりです。